競馬で儲かる買い方、そして思考法。

競馬で儲かる買い方、そして思考法。

小学生の頃、ひたすらにバッタやコオロギを捕まえてはワイワイと喜んでいた私ですが、

今となっては触れもしません。w これは何なんでしょう。w

皆さんどうも、データマスターです!

今日はですね、とっても大事な話です。「競馬で儲かる買い方」についてお話をさせていただこうかなと記事を書かせていただきましたので、どうか最後までお付き合い頂ければなと思います!

まずはブレずに自分の馬券の買い方から否定しよう!!

これはとっても大事なことでして、まずは自分の馬券の買い方から否定せねばなりません。
そしてブレずにやめないこと。どういうことかといいますと、今あなたが馬券でずっと儲かっているなら話はすっ飛ばして頂いていいのですが、恐らく今これを読んでくれているということは馬券収支が不安定な方が多いと思う。

であれば、今自分の儲からない方法というのを否定するべき。
否定して、ブレずやめないこと。

だって儲からないことをしているんですから、それを否定しないと始まりません。

「あ、自分の買い方はダメなんだ」と。

大丈夫ですから、競馬で儲かる方法、儲かる買い方なんて沢山あるんですよ。

「いやいや、沢山あるんだったら苦労はしないよ・・・」

という声が聞こえてきそうですが、これは事実。

では何故、中山芝1600mでキングカメハメハ産駒を狙い続けることが出来ないのか?

何故中山ダート1800mでゴールドアリュール産駒を狙い続けることが出来ないのか?

何故中山芝1800mでヴィクトワールピサ産駒を狙い続けることが出来ないのか?って話です。

過去3年、全て回収率は100%を超えているのに。

これも先ほど話をした一つでして、ようはこれも途中でやめてしまうから儲からないで終わるんですよ。

でも大丈夫です、私もこのデータをかなり意識しているわけではありません。あくまでもこれは、これでも儲かるよ!という沢山ある中の一つの説明です。

ただし、こういったものを狙い続けられるくらいの気持ちが、あなたにはありますか?って話です。

儲からない儲からないと言っている人、まずは自分の過去の競馬を思い返してみてください。

しっかりと毎週競馬に参加していますか??

負けてしまう人で多いのが、単発で競馬に参加する人です。これはもう間違いありません。

今週は忙しいからとか、そういった理由で参加不参加を決めないほうがいいです。
本当にそんな時間すらないのかと私はお聞きしたい。

または、今週ダメだったから来週はやめておこう、とか。

単発で競馬に参加するから、儲かるレースに参加出来ないで終わるのです。

結果、儲からないというわけ。

とにかく、まずは自分の馬券というものを否定し、ブレずにやめないで狙い続けるように心がけてください。

この気持ちがなくては、次には進めません。この章は以上にします!

自分の馬券は否定をし、ブレずに続けること!これが大事です。

馬券で儲けるには、これだけは意識しよう!!

まず初めに結論からいいます、馬券で儲ける為には「中穴馬」をいかにして当てるか、これが最も重要でして、これが馬券で儲けていく為の最短ルートだと私は思っています。

人気馬を単体で買っていては、どう足掻いても回収率は100%を超えてくれません。

ただ逆に大穴で期待値が限りなく低い馬を狙い続けると、稀に当たることもあるでしょうが、馬券収支は不安定なものになり、不的中が続いて自分の精神状態も保てなくなります。

これではいけません。

であれば、目を向けなくてはいけないのは「中穴馬」です。

中穴馬だと、本来良い馬なのに過小評価されている馬たちもいたりするので、ほどよく馬券が当たり、結果的に馬券収支が安定します。

でも勘違いしないでください。

あくまでもこれは相手馬の話です、別に中穴馬を軸馬にすえろ!とは言ってません。

中穴ー中穴

中穴ー大穴

こういった買い目で儲かるなら、勿論これが一番いいです。

でも現実問題、これで当てられるのはほんの一握りの人たちです。
先ほどもいったように、これで不的中が続けば精神状態は悪くなり、結果やめてしまいます。

そうなってはいけないので、、、

私がおススメする買い方は、

人気馬→中穴馬という買い目。

少ないお金や、ある程度のお金を競馬で増やしていくとしたら、この買い目が一番だと私は思っています。

単勝別人気で連対率を見てみると、1番人気馬の連対率が51%、2番人気馬の連対率が35ほどあります、これは毎年膨大なレース数をこなしたうえで算出された数字ですから、この先も微増微減はあったとしても殆ど変わらない数字です。

で、これが意味するものは何かというと、ようは、1番人気馬(51%)と2番人気馬(35%)のいずれかを連の軸にすれば、最大で80%以上の的中確率が生まれてくるわけです。

まずはこれを必ず意識するようにしてください。無理に大穴同士を掛け合わせていかなくてもいいんです。

でも先ほども言ったように、逆に本命ー本命でも儲かりません。

あくまでも本命→中穴で意識をすること。これが大事です!

では、本命となる軸馬はこのブログに任せておいてもらえればいいのですが、相手馬となる中穴はどう選べばいいか??

具体的にその話を次の章でしていきたいと思います!長いですが頑張りましょう。

単勝人気順の断層を見つけ出そう!!

まず最初に皆さんにやっていただきたいのが、単勝人気順オッズで2倍以上の断層を見つけるというもの。

どうゆう事かといいますと、下記の画像を見てください。

赤い〇で囲った場所、9番人気のラヴィアンレーヴと10番人気のスタープレゼンスとの2頭の間には2倍以上の差がありますよね??

こういったレースを狙うんです。

2倍以上のオッズ差があるレースを選び、その差がある3頭を選びます。

つまり、上記の画像でいうと、9番人気、8番人気、7番人気を相手馬に入れるようにしてください

単勝オッズ2倍以上の開きがある場合、この開きがある3頭が非常に絡みやすいんです。

上記で上げた画像のレースは先週の3月10日、中山5レースで行われたレースですが、結果、9番人気ラヴィアンレーヴが2着に絡みました。

で、先ほど言ったように1番人気2馬人気を軸にすれば的中でした。配当は馬連で1万越えです。

もう一つ見てみましょうか。

これは3月10日、中山8レースの単勝人気順オッズです。

赤い〇で囲った箇所、2倍以上の開きがあることが分かると思います。

なのでピックアップするのは

11番サクラトップスター

4番ハルカノテソーロ

5番レアバードの3頭です。

結果、9番人気のハルカノテソーロが勝利。

こちらも1番人気2番人気を軸にしていれば馬連9570円の配当。

ちなみにですが、5番レアバードも僅差の4着でした。

こちらは3月10日、中京4レースの単勝オッズです。

今までと同じように2番ルクリリと13番レッドルーナとの間に2倍以上の差がありますね。

よって相手馬に選ぶ中穴馬は、

2番ルクリリ

5番キンジトー

6番クロランサスの3頭。

結果、6番クロランサスが2着に入り、馬連で2000円以上の配当でした。

こんな風にして、単勝オッズの人気順を見て、2倍以上の差があればこの狙い方をしてみてください。

ただし、これをやるときには一つだけ注意があります。

それは、締め切りになるべく近いオッズを使用すること。これは徹底してください。

締め切りに近ければ近いほどいいです。

オッズというのは生き物ですから、1分、いや1秒ごとに変化していきます。

なので、ギリギリまでオッズを見定め、「これは2倍以上の差がある!」と判断出来たら素早く賭けるようにしてください。

これが中穴を選択するときに使える方法の一つです。

中穴を相手にもってくるとき、単勝オッズで2倍以上の開きがあるかどうかをチェック!!

最重要!!レース選びの極意

これが一番大事です、レース選びについて。

上記でご紹介した中穴馬がしっかりと来たとしても、軸馬が外れてしまっては意味がありません。

なので、レース選びというのは非常に大事になってきます。

最初のほうにお伝えしたように、1番人気、2番人気馬が連に絡む確率は80%以上あります。

これを使わらない手はありません。

つまり、レース選び=1番人気、2番人気馬がしっかりと走るレースかどうかの判断だと思ってください。

現象には必ず理由があるんですよ、だから、1番人気2番人気馬がコケる現象理由というのも必ず存在するんです。

でも、1番人気、2番人気馬がコケる場合って、大抵同じなんです。w

それは大きく分けて二つ。

①、ペースをあやまり、それでも大外をぶん回して脚を余しての4着以下。

②、内々をセコく回ったのはいいもの、ドン詰まって動けなくて4着以下。

勿論、その他にもディテールな部分を挙げればあるんですけど、大抵これなんです。

例えばこの間の中山牝馬S、1番人気は3.4倍でノームコア。

個人的には馬券内には一応入れておきましたが、まず無いだろうなと思って観ておりました。

鞍上の田辺騎手は、差し馬に乗ると大外をぶん回して脚を余すか、内々を回ってドン詰まって動けなることが非常に多いジョッキー。

中山牝馬Sでは後者だったわけなんですが、そういったことが安易に想像がつくような馬の場合は絶対に危険です。

でもこれが逆にですよ、ノームコアが3,4倍の1番人気じゃなく、単勝オッズ16倍の6番人気くらいだったらどうか??

はい、美味しい!!と思って中穴に入れるべきなんです。

つまり、その馬はオッズに見合った馬なのか、我々が今からやろうとしているリスクに対して見合ったオッズなのか。その判断が大事なんです。

実際に負けているから言っているわけではありません、中山牝馬Sでのノームコア1番人気は明らかに過剰人気であり、危険な馬でした。

なので、レース選びは1番人気2番人気がしっかりと走るかどうかの判断だといいましたが、まず最初にしてもらいたいことは1番人気と2番人気馬を疑うことから始めたほうがいいです。

疑って、少しでも「やばいかな」と思えばやめたほうがいいです。

以上がレース選びで大事な話でした。

1番人気2番人気馬がしっかりと走るかどうかを見極めましょう!!

長ったらしく記事を書いてしまいましたが、個人的には大事な話をしたつもりです。

是非ともこの思考を使って競馬で勝てるようにしてもらえたらなと思います!

参考になった方は下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

============================================
下記のバナー画像をクリックしてもらえたら嬉しいです!!

よろしくお願いいたしますm(__)m

最強競馬ブログランキングへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。