天皇賞春-2019 過去の重要データと傾向

天皇賞春-2019 過去の重要データと傾向

どうもデータマスターです!!

それでは今週末に行われる天皇賞春についてお話させていただこうかなと思います。

重賞レースというと社台系列が強いですが、この天皇賞春に関しても個人オーナーも十分やれるレースとなっており、とても面白いレースですので是非とも参加してくださいね!!

データが非常に重要になってきますので、最後まで読んでもらえればと思います。

それではいきます!!

2019年4月28日(日)
天皇賞春(G1)
京都競馬場・芝3200m

天皇賞春の出走予定馬、予測オッズ

馬名 予測オッズ 鞍上 厩舎
エタリオウ 2.6倍 Mデムーロ騎手 友道厩舎
フィエールマン 2.8倍 Cルメール騎手 手塚厩舎
ユーキャンスマイル 7.8倍 岩田康騎手 友道厩舎
メイショウテッコン 9.1倍 福永騎手 高橋厩舎
グローリーヴェイズ 15.9倍 未定 尾関厩舎
クリンチャー 17.1倍 三浦騎手 宮本厩舎
パフォーマープロミス 24.2倍 北村友騎手 藤原厩舎
カフジプリンス 38.9倍 中谷騎手 矢作厩舎
ロードヴァンドール 44.1倍 横山典騎手 昆厩舎

天皇賞春の有力馬の見解

エタリオウ/鞍上Mデムーロ

→前回の日経賞では、メイショウテッコンにSペースに落とされてしまい、それが影響して2着という結果でした。あれは武豊騎手の手腕がかなり効いた感じがしましたが、結果、内容的には完封された感じがします。ただ安定して走れているのと、体調に波がないのがこの馬の良いよころです。しかも日経賞は休み明けでしたからね、ラストはそれが影響して失速したらしいので、巻き返しは十分あるでしょう。中間もデムーロが跨って追切を行い、「調子は良い」と評価したそうですので体調はよろしいかと思います。

フィエールマン/鞍上Cルメール

→前回はアメリカJCCでしたが、勝ち馬のシャケトラが全然止まらない競馬を披露。ルメール曰く「残念。でも完璧な競馬は出来た」とレース終了後に言っていたらしいですから、シャケトラがいかに強い競馬をしたかがお分かりいただけるだろうと思います。しかも「3000m(菊花賞)を使った後のアメリカJCCだったので、距離が短かった」ともルメールは語っていました。それを考えたら距離がのびるのはいいと思いますし、中間は嶋田騎手が付きっ切りで跨って乗り込まれているし、とてもいい動きを披露しています。普通に走ってくれさえすればここは間違いなく好勝負の部類でしょう。

メイショウテッコン/鞍上福永祐一

→前回の日経賞では、武豊騎手の手腕もあり圧勝でした。2着がエタリオウという事を考えれば、かなり評価していい1戦だったと思います。仮にエタリオウが休み明けじゃなくとも、恐らくメイショウテッコンが勝っていたのではないかと思う。それくらい完璧なレースでした。今回は武豊騎手が香港遠征で乗れませんので福永騎手が乗ることが決定済み。早くから決まっていたことなので、この影響はないでしょう。中間も福永騎手が乗ってますので。その追切では長めから追われて、ラスト11秒台と好調を披露しています。落着きがあればいつでも走れる馬なので、当日のパドックはかなり注目の1頭です。

グローリーヴェイズ/鞍上未定

→前回の日経新春杯では、「どんどん強くなっている」とデムーロが評価したほど強い競馬でした。この天皇賞春でも有力な1頭は間違いありませんが、いかんせん運がない馬です。といいますのも、Mデムーロは乗れませんし、しかも予定していた川田騎手が乗れません。これが痛すぎます。川田騎手は現時点でかなり乗れている状況ですから、それを込みで陣営は依頼したと思われます。でも騎乗停止になってしまいましたから、ここから先明らかに予定が狂うでしょう。しかも中間も長めから追われておりますが、そこまで良く見せない動きでした。この点がどうるかです。個人的には来ないと思っております。

ユーキャンスマイル/鞍上岩田康成

→前回のダイヤモンドSでは岩田騎手の手腕もあって0.4秒差をつけての圧勝。8枠でしたが内から突いてきたのも評価出来ます。岩田騎手はレース終了後に「とても乗りやすい馬」と発言していたそうでして、さらに「この先も長距離では楽しみです」と言っていたとか。この馬も栗東CWで長めからしっかりと追われ、ラスト11秒台と好調をキープ。同じオーナーのシャケトラがあのようなことになってしまいましたので、ここはユーキャンスマイルの好走を期待したいところです。

天皇賞春の重要データ①、過去20年の人気別成績

人気 着別度数 勝率 複勝率
1番人気 5-1-3-11 25.0% 45.0%
2番人気 7-2-5-6 35.0% 70.0%
3番人気 1-8-1-10 5.0% 50.0%
4番人気 1-4-3-12 5.0% 40.0%
5番人気 0-0-3-17 0.0% 15.0%
6番~9番人気 2-2-2-74 2.5% 7.5%

*理由は不明ですが、なぜか2番人気の信頼度は高いです。

当日の2番人気の馬には注目が必要です。

1番人気よりも2番人気の複勝率が高い!!

天皇賞春の重要データ②、過去20年の脚質別成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率
逃げ 3-0-2-19 12.5% 12.5% 20.8% 979.6%
先行 9-12-9-48 11.5% 26.9% 38.5% 91.2%
差し 8-8-9-105 6.2% 12.3% 19.2% 77.1%
追い 0-0-0-93 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

*これは正直驚きですね、過去20年分で見ても、追い込みの脚質の馬は全滅。前にいればいるほど有利というデータが出ていますので、これは注意が必要です。

追い込み脚質は全滅!!狙うは前にいる馬!!

天皇賞春の激熱なサイン馬番

実はこの天皇賞春、例年8月の函館で行われる噴火湾Sとの馬番結果が、2012年から6年連続してリンクしているんです。

どういう事かといいますと、下記のデータを見てください。

(噴火湾Sの馬番結果)

2012年→-10

2013年→1ー

2014年→①-10

2015年→①-

2016年→⑥-

2017年→10-⑪

2018年→10

(天皇賞春の馬番結果)

2013年→-⑥

2014年→-12

2015年→-14

2016年→①-

2017年→ー⑥

2018年→⑪-12

2019年→(?)

このような感じで、2012年の噴火湾Sからずっと、天皇賞春との馬番結果が必ずリンクしているんです。

なのでこの流れでいくと2018年の噴火湾Sは8-10で決まりましたから、今回の天皇賞春は単純に8-10に入った馬が熱いのでは?と考えております。

今回の天皇賞春の枠番が決まりましたら、いの一番に8-10を確認するようにしてください。

以上、参考にしてもらえれば幸いです。

参考になった方は下記のランキングサイトをポチっと押してもらえたら嬉しいです!!

===========================================

下記のランキングバナーをクリックして、応援してもらえたら嬉しいです!!☆

競馬ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。