京都新聞杯-2019 過去の重要データと傾向

京都新聞杯-2019 過去の重要データと傾向

どうもデータマスターです!!

それでは今週末に行われる京都新聞杯についてお話させていただこうかなと思います。

それではいきます!!

2019年5月4日(土)
京都新聞杯(G2)
京都競馬場・芝2200m

京都新聞杯出走予定馬、予測オッズ

馬名 予測オッズ 鞍上 厩舎
ロジャーバローズ 4.3倍 浜中騎手 角居厩舎
ブレイキングドーン 4.9倍 福永騎手 中竹厩舎
トーセンスカイ 5.1倍 武豊騎手 藤原厩舎
タガノディアマンテ 5.4倍 松山騎手 鮫島厩舎
ヒーリングマインド 7.9倍 池添騎手 松田厩舎
フランクリン 8.1倍 北村友騎手 音無厩舎
サトノソロモン 10.3倍 アブドゥ騎手 池江厩舎
オールイズウェル 23.5倍 藤岡祐騎手 佐々木厩舎
ヴァンケドミンゴ 62.4倍 藤岡康騎手 藤岡厩舎
レッドジェニアル 67.9倍 酒井騎手 高橋厩舎

京都新聞杯有力馬の見解

ロジャーバローズ/鞍上浜中俊

父ディープインパクト 母リトルブック

→前回のスプリングSでは7着という結果でしたが、勝ち馬のエメラルファイトからは0.4秒差でしたからね、しかも皐月賞にも出たファンタジストもいたことから、相手もそれなりに強かったです。そこまで悲観するような内容ではなかったかと思います。ディープインパクト産駒なので、どちらかというと軽い馬場の京都みたいな競馬場が合うイメージですし、中間は4月25日の時点で浜中騎手自ら跨って85.5→ラスト11秒5という抜群の伸びを披露しました。体調はバッチリといったところでしょう。ただ、前回乗った川田騎手は「パドックからゲートまで競馬に向かえる精神状態ではなかった」とのことですから、パドックで必ず気配は見るようにしたほうがいいと思います。

ブレイキングドーン/鞍上福永祐一

父ヴィクトワールピサ 母アグネスサクラ

→前回は皐月賞で11着惨敗でした。レース終了後に福永騎手は「何が敗因が分からない。全然進んで行かなかった」と発言していたそうでして、敗因は全く分からないとのこと。恐らく陣営も分かってないと思います。ただ外枠が堪えたのかな?というのと、直線でやや窮屈になる場面もありましたので、それが影響したのかな?と個人的には思っております。京都2歳Sでは2着、弥生賞では3着という実績がありますから、この京都新聞杯のメンバーに入れば当然上位の力はあるでしょうから、巻き返しを期待しています。

タガノディアマンテ/鞍上松山弘平

父オルフェーヴル 母タガノレヴェントン

→前回の皐月賞では後方から脚を使っての6着でした。前で粘りこんでの6着ではありませんから、これはそれなりに評価していいレースだったかと思います。新馬戦ではクラシックでも期待されているワールドプレミアと0.2秒差を演じてるくらいですので、力は絶対にありますし、それ以降、戦ってきた相手が非常に強いです。エールヴォア、ダノンチェイサー、アルママあたりとやって好戦しておりますので、それが今回いきるのではないかと思っております。それに、距離がのびて間違いなく良いタイプなので、そこにも期待します。中間は松山騎手が跨った状態は確認済み。巻き返しを期待します。

トーセンスカイ/鞍上武豊

父トーセンラー 母シアトルサンセット

→前回の未勝利戦ではメイショウオウギを首差しのいでの勝利でした。初戦を2着で終わったあと、藤原調教師は「現状では体力不足」と発言していたそうですが、その中でも2着を確保できたあたりは能力の高さゆえでしょう。それに「先々は走ると思う。楽しみです」とも発言していたとか。この血統で鞍上が武豊ですからね、当然期待してみたい1頭でしょう。中間は4月17日の時点で武豊騎手が栗東のCWで跨り、G前で軽く仕掛けられてラスト11秒以内を計測。4月24日の時点では岩田騎手(息子)が一杯に追われており体力を強化しているようです。現状では好調と言える出来でしょう。

京都新聞杯重要データ①、過去20年の人気別成績

人気 着別度数 勝率 複勝率
1番人気 4-3-3-10 20.0% 50.0%
2番人気 7-3-1-9 35.0% 55.0%
3番人気 4-2-0-14 20.0% 30.0%
4番人気 0-0-4-16 0.0% 20.0%
5番人気 1-1-3-15 5.0% 25.0%
6番~9番人気 3-9-5-63 3.8% 21.3%

*2番人気のほうが信頼度の面では高いです。ただ4番人気になった馬の連対は過去20年で無いので、これは気を付けましょう。

4番人気の信頼度は低い、2番人気の信頼度は高い!!

京都新聞杯重要データ②、過去20年の脚質別成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率
逃げ 0-0-2-18 0.0% 0.0% 10.0% 0.0%
先行 5-7-5-62 6.3% 15.2% 21.5% 56.6%
差し 11-10-9-78 10.2% 19.4% 27.8% 103.7%
追い 4-3-4-81 4.3% 7.6% 12.0% 13.9%

*過去20年でみても逃げ馬の連対はありませんから、これは注意です。狙うは先行から差しでしょう。

逃げ馬の信頼度は低い、狙うは先行と差し勢!!

京都新聞杯激熱なサイン馬番

実はこの京都新聞杯、京都競馬場で行われる菊花賞との馬番結果が、2013年から連続してリンクしているんです。

どういう事かといいますと、下記のデータを見てください。

(菊花賞の馬番結果)

2013年→ー14

2014年→

2015年→4-

2016年→4-

2017年→4ー

2018年→9-12

(京都新聞杯の馬番結果)

2014年→ー11

2015年→

2016年→2-

2017年→

2018年→8-

2019年→(?)

このような感じで、2013年の菊花賞からずっと、京都新聞杯との馬番結果が必ずリンクしているんです。

なのでこの流れでいくと2018年の菊花賞は9-12で決まりましたから、今回の京都新聞杯は単純に9-12に入った馬が熱いのでは?と考えております。

今回のNHKマイルCの枠番が決まりましたら、いの一番に9-12を確認するようにしてください。

以上、参考にしてもらえれば幸いです。

===========================================

☆激熱推奨馬配信中☆

毎週土日は勿論のこと、平日の地方競馬は毎日推奨馬を下記のメルマガから配信しております!!

私のもとに入ってくる激熱情報馬を知りたい方は、下記のメルマガにご登録してくださいね!!

メルマガ→https://www.mag2.com/m/0001686973.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。